売れる!手数料が安い!フリマjp編

せどり入門

こんにちは〜

ケーシーです。

 

このブログでは仕入れ方法を詳しく書いてきました。でもこのブログを読んでくださっている皆さんからよくこんな声をいただきます。

せっかくリサーチして売れそうな商品を仕入れても売れなちゃ意味ないじゃん、、、
ごもっともです。ここから何記事かはどうやったらせっかく仕入れた商品が売れるのか僕が実践した方法を書いていきたいと思います。
この記事ではフリマjpを見ていきます。

フリマjpとは?

Iphone、Andrid両方に対応しているフリマアプリです。メルカリほどの知名度はありませんが中古ブランド品やアウトレット品が多いとうたわれています。

 

Google Storeより

フリマjpの特徴

フリマjpは、スマホで簡単に使えて、中古品から新古品までお得に買えるフリマアプリです。中古ブランド品やアウトレット品の品揃えがいいと定評で集まりやすくなっています。

それらを扱うならぜひ利用していきたいアプリです。メルカリやラクマと似たデザインなので使いやすいのも人気の1つです。

特徴は以下の通りです。

平日は毎日振込申請可能

他のフリマアプリでありがちな月2回の振込日という設定ではありません。ある程度売上金が貯まったらいつでも振込申請ができます。(だたし平日のみ)

振込手数料は一律210円なのでまとめて出金した方がお得です。メルカリやヤフオク!は10000円未満までは同じ金額ですが10000円以上から無料になっています。

手数料がちょっと他より安い

フリマjpの手数料は売れた時に8%です。メルカリは10%、ヤフオク!の有料会員でも8.64%なので安い方ではあります。

支払い方法はいろいろ

決済手数料が100円かかるものと無料のものがあります。フリマjpの最大の特徴は出金時に必ず手数料がかかることなので僕は売上金で次のせどり商品の仕入れをしたりしています。クレジットカードも便利ですが結局どこかで手数料がかかっています。決済方法がいろいろあるのは助かりますね。

・決済手数料100円

コンビニ・ATM・ドコモケータイ払い・auかんたん決済・LINE Pay

・決済手数料無料

クレジットカード、売上金購入

出品準備

ではフリマjpで実際に商品を出品してみましょう。

アプリをダウンロード

フリマjpはスマホアプリなのでまずはアプリをスマホにダウンロードしてください。

Apple Storeで「フリマjp」と検索すると広告の次の一番上に出てきます。

Apple Storeより

※一番上は広告でフリマアプリの売上管理アプリです。これも気になったのでまた別の記事で紹介していきたいと思います。

アプリを開く

ダウンロードできたら早速アプリを開いてみましょう。

最初はこんな画面が出ます。

フリマjpアプリより

上に書いた特徴がわかりやすく絵でまとめられていますね。他にも売りも買いも取引がスマホで完結すること、月会費などの固定費が発生しないこと、お金のやりとりはフリマjpが間に入ってくれることが書かれています。

手数料が発生する分お金のやりとりを媒介してくれると安心ですね。

フリマjpアプリより

最近のアプリは通知が出る設定ができるようになっています。この通知は許可にしておいてください。出品した商品にコメントがあったり売れた時に教えてくれます。

どんな商品が出品されているの?

では無事にアプリを開けたところで出品手順を確認していきます。

通知の設定が終わると出品商品がみられるトップ画面に切り替わります。

フリマjpアプリより

カテゴリーごとにページを繰ることができます。カテゴリーとしてはレディース(服、バッグ、靴、アクセサリーなどの女性もの)、ベビー・キッズ(服、バッグ、靴、小物全般こども用品)、ホーム・キッチン(家具からインテリア雑貨までなんでも)、ビューティー(コスメなど)、ハンドメイド品、スポーツ、家電・スマホ、ホビー・エンタメ、メンズ、その他があります。

せどりで縁がありそうなのはホビー・エンタメかなとページを見てみました。

フリマjpアプリより

トップのすべての画面と商品は同じ感じなのでカテゴリーはあんまり気にしていないようです。

一見するとやはりブランド品が多い印象ですがそれ以外の商品も出ています。

いろいろ商品をみていたら他のフリマアプリと同時出品しているものも多いようです。

出品前に会員登録をしましょう

出品する商品が仕入れられた時にすぐに出品できるように会員登録をしておきましょう。購入するのにもこの会員登録は必要です。

トップ左上の3本線またはトップ下のカメラの出品するというアイコンから会員登録画面に行けます。

トップの3本線からはこの画面から

フリマjpアプリより

出品のカメラアイコンからはこの画面に飛びます

フリマjpアプリより

Facebookまたはメアドで登録ができます。ご都合のいい方で登録してください。

Facebookの場合はログインして接続します。

フリマjpアプリより

メアドの場合は下記の画面が出るので必要事項を入力して登録します。

フリマjpアプリより

必要事項を入力し完了を押すと

フリマjpアプリより

電話番号を入力するとメッセージがきます。そこでもらった認証番号を入力します。

フリマjpアプリより

その後配送先になる本人情報を入れていきます。

フリマjpアプリより

フリマjpアプリより

個人情報が心配なのでこういう説明はしっかり読んで納得してから入力してくださいね。

フリマjpアプリより

ここまで登録すると出品ができるようになります。

出品

会員登録をして買い物や発送に必要な本人情報を入力したら出品ができるようになります。

出品はトップ画面下のカメラのアイコンからできます。

フリマjpアプリより

このカメラのアイコンをタップすると出品画面が出てきます。

フリマjpアプリより

メルカリに似ていますが項目が最低限で出品しやすくなっています。ちなみにメルカリやヤフオク!のような提携配送サービスはありませんが配送方法ではゆうメールやポスパケットなどのお得な配送サービスを選べるようになっています。

 

フリマjpアプリより

出品時入力項目

出品時に入力する項目は以下の通りです。

商品情報

・商品写真

枚数は多い方がいいです。箱の凹みや商品内容がわかりやすいような写真を添付しましょう。

・商品の説明

1000文字以内で商品の説明がかけるようになっています。具体的に詳しく使用頻度や購入時期なども書くと丁寧で安心されます。

・カテゴリー

商品カテゴリーを選びます

・ブランド

主要ブランドから選べるようになっています。「選択しない」を選ぶこともできます。

・商品の状態

(新品、未使用)

(未使用に近い)

(目立った傷や汚れなし)

(やや傷や汚れあり)

(傷や汚れあり)

(全体的に状態が悪い)

上の6つの状態から近いものを選びます。出品者の主観ですが購入者の認識と異なる場合がありますので少し厳しめにつけた方が無難です。

発送・配送

・配送料の負担

着払い(購入者負担)または送料込み(出品者負担)を選びます。購入者としては送料込みの方がありがたいですよね。なので僕はできるだけ送料込みで設定してできるだけ安い方法で配送しています。

・配送方法

フリマjpには提携サービスはありませんが出品時に推奨される発送方法を選べるようになっています。

項目としては未定、ゆうメール、ポスパケット、レターパック、普通郵便(定形、定形外)、クロネコヤマト、ゆうパック、クリックポスト、ゆうパケットがあります。

その方法が一番安いかは商品の大きさや配送地域によって異なりますので臨機応変に選んでください。僕は安くてネットで配送料決済が完了する上にポスト投函でOKなクリックポストを選ぶことが多いです。追跡サービスが付いているのも安心ですね。

・発送元の地域

47都道府県から選べるようになっています。着払い時の送料や到着期間の目安になります。

・発送までの目安

(1〜2日で発送)

(2〜3日で発送)

(4〜7日で発送)

上の3パターンから選びます。商品を購入してから発送までにどのくらいの日数がかかるかの目安になります。できるだけ早い方が購入者としてはうれしいですが出品者としては1〜2個で発送するよりまとめて発送した方が効率的ですよね。なのである程度他のフリマアプリも合わせて発送商品が貯まったらまとめて発送するようにしています。

販売価格

¥300〜290,000の範囲で決めます。

入力すると自動的に8%の販売手数料と販売価格から販売手数料を引いた受け取り金額が表示されます。

出品しているとわかるのですがこの価格で売りたいという価格よりも少し高めに値段をつけます。なぜなら値下げ交渉の時にその分下げられますよね。交渉されて下げたらたいてい買ってくれます。(ただしたまに買ってもらえない時があるのでそれ以降の交渉は受けないようにしてくださいね。)

 

商品の買い方

本当はここで商品が売れたらという項目がある方が自然ですよね。しかし販売メインでフリマjpを利用するにしても忘れて欲しくないのが購入者の視点や気持ちです。購入者の視点を忘れてしまったら商品は売れません。

なので一旦ここで購入者の視点に立ち返ってみたいと思います。

フリマjpでの商品の買い方はほぼメルカリと同じです。コメントで値下げ交渉するもよし、直接提示の価格で買うのもよしです。

しかしたいてい少しでも安く買いたいのと誠意ある対応をしてくれる人から買いたいのでコメントで交渉します。交渉が成立したら出品者が価格を下げてくれるのでできるだけ早く購入しましょう。そのほうがお互いに気持ちの良い取引ができます。

 

メルカリにもありますがフリマjpにも出品者評価があります。この評価が高いと商品が売れやすくなるのでお互いに気持ちのいい取引を心がけましょう。

商品が売れたら

アプリで通知されるので最低1日1回はチェックしましょう。購入者からすると出品者から連絡がないと不安になります。場合によってはキャンセルされてしまい評価を落とすことになるので注意しましょう。

出品時に指定した日数内に指定した方法で発送しましょう。発送したらすぐに連絡をします。追跡番号がある時はそれも伝えましょう。

まとめ

今回はフリマアプリのフリマjpの出品方法をまとめました。メルカリとよく似た感じなのでメルカリを使ったことがある方は使いやすいと思います。

メルカリと違うのは利用者や出品数がどうしてもメルカリに劣ることと手数料が8%とメルカリより2%安いことです。この差は商品価格が安い場合はさほど気になりませんが高額商品になると大きく異なってきます。

手数料が安いのでフリマjpで売れた方が正直うれしいのですが利用者が多いのはメルカリなので僕はメルカリとフリマjpに同時に同じ商品を出品することが多いです。どちらにも他のフリマアプリでも出品していることを明記します。

メインではなくサブという扱いですがいくつかのフリマアプリに出品することで商品のネットでの露出が増えて購入者の目に止まりやすくなります。ただしモバオク!は同時出品禁止なので注意してください。

メルカリ利用経験があれば使いやすいアプリなのでぜひ使ってみてください。

 

コメント