本ならここ!売れるブクマ!編

せどり入門

こんにちは〜

ケーシーです。

 

このブログでは仕入れ方法を詳しく書いてきました。でもこのブログを読んでくださっている皆さんからよくこんな声をいただきます。

せっかくリサーチして売れそうな商品を仕入れても売れなちゃ意味ないじゃん、、、
ごもっともです。ここから何記事かはどうやったらせっかく仕入れた商品が売れるのか僕が実践した方法を書いていきたいと思います。
ここでは書籍に特化したフリマさいとブクマ!を見ていきます。せどりで出品者として利用するだけでなくて、購入者として個人的に本が好きな方にもオススメです。

ブクマ!とは?

 

Apple Storeより

 

ブクマ!は書籍に特化したフリマアプリです。買うのも売るのもとても簡単です。スマホだけで売買が全て成立します。

せどり商品または手持ちで不要な本がある場合は使ってみるのも悪くないでしょう。ただまた利用者が少ないのであくまで他のアプリやサイトにも出してこちらにもというサブ的な扱いでいいです。その場合は「他のサイトでも販売しているので先に売れた方を優先させていただきます」と一言書き、他で売れた場合は出品を取り下げるのを忘れないようにしましょう

 

手数料はいくら?

気になる手数料ですが以下のようになっています。

・出品手数料:販売価格の10%

・購入手数料:無料

売るなら1割、買うならなしというところです。メルカリと同じですね。送料は揉めないよう商品代金に含んで設定しておくのがオススメです。買うときの注意点はクレジットカード決済(Visa、Mastercard)のみというところですね。

・引き出し手数料:10,000円未満は210円(10,000円以上は無料)

引き出し手数料も気をつけておかなければならないところです。本のみで10,000円以上売り上げが入らなければ210円かかります。

 

利用方法

アプリダウンロード

アプリなのでまずは手持ちのスマホに入れておく必要があります。iPhone用のAppleAtoreにはありましたがAndroidは僕には見つけられませんでした。(もしかしたらあるかもしれません)

アプリを入れたら他の出品者がどのように出品しているか軽くでいいのでみておきましょう。後でも書きますがこのフリマアプリは商品写真を自分で撮らずにバーコードで本のデータを読み取って出品します。

写真がオリジナルではないのでコメントと価格での勝負になります。

 

出品手順

ブクマ!の特徴は何と言ってもスピード出品!僕も色々なフリマアプリを使っていますが多分一番出品するのが早くて楽です。本にしか使えないのが本当に残念…。

1.本のバーコードを読み取る

日本で販売されている書籍には必ず「978」から始まる書籍専門のバーコードが付いています。そのバーコードをブクマ!アプリで読み取ります。

なんとこのブクマ!アプリは出品するetcボタンではなくブクマ!アプリページの真ん中下にあるカメラでバーコードを読み取ることで出品ページが表示されます。

バーコードは読み取ると1.5秒(早いですね)ほどで本の情報が出てきます。たまに出てこないときは本のタイトルを入れます。

2.価格を入れる

無事に読み取ると本の表紙とタイトルが表示されます。その下に「出品する」と「やり直す」というボタンが表示されるので「出品する」を選びます。

あとは価格を入れます。(送料込み)と書いてあるので送料込みの価格を入れましょう。入れるとメルカリと同じようにその価格の10%の手数料とその残りの販売利益が表示されます。

例えば1000円(送料込み)で設定したら手数料はその10%の100円で販売利益は900円になります。表示上はこのように表示されますがこの販売利益に送料を含んでいることを考慮して価格をつけましょう。

3.本の状態を入れる

本の状態は4つのアイコンから選ぶようになっています。( )内は目安です。

1.とても良い(新品同様)

2.良い(1〜回読んだけどキレイ)

3.可(ちょっと使用感あり)

4.難あり(くたびれているけど読めないことはない)

4.説明を書く

「3.商品状態」で選んだ状態の説明をできるだけ詳しく書きます。どうしてこの状態を選んだのかを書いておくことで購入者が納得してから購入してくれます。そしてその方が後々トラブルが少なくなります。しかし200文字までなので気をつけましょう。

特に自分が購入するときに気になることはどんなに小さなことでも書いておきましょう。(本の外側または内側〇〇Pにシミありなど)

ブクマ!にもメルカリやヤフオク!と同様出品者の評価があります。この評価は出品している商品の状態ではなくいかに商品の状態を的確に正確に伝えているかも非常に重要です。せっかく購入していただいても「思ったのと違う」と思われてしまったら評価が下がってしまい売れるものも売れなくなってしまいます。

メルカリなどでは難ありの部分も写真で載せてしまえるのですがブクマ!は撮った写真を載せられないのでその分しっかり説明が必要です。

そうすることで評価が上がり本も売れやすくなります。

5.発送方法を選択する

ブクマ!では発送元(どこから送るか)と発送方法(ゆうメールなど)と発送までの日数を入れるようになっています。

購入者の視点で見ればできるだけ追跡された方が安心ですよね。受け取りは手間のないポスト投函か直接受け取りになるのかも重要です。発送までの日数もできるだけ早い方がいい方もいますがこちらにも都合がありますよね。なので僕は1〜3日を選択しています。

商品が売れたら2つの方法で通知してくれる

出品したらあとは売れるのを待つだけです。商品が売れるとメールとアプリで通知してくれます。

くれぐれも見逃さないように通知がわかりやすいようにしてください。僕はスマホのトップにメール内容が通知されるように設定しています。

「商品が売れたらスピーディーに丁寧に発送」

どのアプリでもサイトでもこの一言に尽きます。自分の都合がつく限りできるだけ早く発送しましょう。発送を忘れてしまったら最悪です。

メールやアプリを少なくとも1日1回はチェックしましょう。

 

本を発送

安くて追跡ができる方法がオススメです。僕は本の数や厚みで使い分けています。トータルの厚みが薄い順から書いておきます。

新書・マンガ・文庫本ならスマートレター

日本郵便のサービスです。専用封筒を郵便局で購入し(送料込み)、その場で商品を入れて発送します。

大きさ:25㎝×17㎝(A5サイズ)

A5と言ってもピンと来ない方もいるかもしれません。簡単に言えば一般的なコピー用紙のA4の半分の大きさです。

厚さ:2㎝まで

重さ:1kgまで

送料:専用封筒代込みで180円

具体的にどんな本が入るかとういうと一般的な新書、マンガ、文庫本1冊です。ただし追跡サービスはないので注意が必要です。

A4サイズで3㎝までならクリックポスト

こちらも日本郵便のサービスです。最大の特徴はネットで宛名を印刷し、料金もネットで支払えることです。封筒は自前です。

大きさ:34㎝×25㎝(最大)

A4サイズくらいです

厚さ:3㎝まで

重さ:1kgまで

料金:全国一律185円

追跡サービス:有

厚めの新書やマンガ、単行本もこれでいけます。安いので追跡サービスも付いています。便利で安くて追跡も付いているのでかなり重宝します。

 

送り方は少し特徴がありますので以下に書いておきます。

1.プリンターに繋がっているPCでクリックポスト専用ページを開く

2.Yahoo! JAPAN ID、Amazonアカウントでログインする

3.初回のみ利用者情報を登録

4.発送先の情報を入力して発送の申し込みをする

5.料金を決済する

6.ラベルを印刷して封筒に貼り付ける

7.商品をポストに投函

 

郵便局に行かずに送れてしまうので大変便利ですね。僕はこのクイックポストがもっとも使いやすいです。本以外を送るときでも結構利用しています。何と言ってもネットで送料を払えてしまうし、安いのに追跡も付いてくる便利さはピカイチです。A4の封筒をまとめ買いしておけば封筒代も安くすみます。ぜひ使ってみてください。

 

ブクマ!使ってみた感想

僕の知り合いに自分の好きな本を探すついでに本のせどりをしている人がいます。その人は本だけ扱っているのでブクマ!がメインに近いらしいです。

その人がいうにはバーコードだけで出品できるのはかなり楽で手軽で重宝しているそうです。少し前のことなのでもう改善されているかもしれませんがここは改善してほしいなと話していたことがいくつかあります。

1つ目に検索の精度が低いこと、2つ目に取引履歴がトーク画面なので売りなのか買いなのかわかりにくいこと、3つ目に過去の取引履歴で商品名が表示されないことです。

1つ目の検索精度が低いとタイトルや作者などが曖昧な人が本を探すのが大変ですよね、、。購入者がたどり着いてくれなければ売れるものもえれません。また出品する私たちも出品する前にその本が出品されているか調べるのに使うのでぜひ改善してほしいものです。

また2つ目、3つ目の取引履歴のわかりにくさの対処としてはすぐに記録をしましょう。僕もですがせどりで扱っている商品はどこのサイトにいついくらで出したかエクセルで管理している人が多いです。どのサイトでもそうですがサイトの履歴だけをあてにせず取引はすぐに別に記録しておきましょう。

まとめ

僕はせどり商品が偶然本や漫画、雑誌だった場合(あまりありませんが、、、)に他のサイトに出しながら一応ブクマ!にも出品しているというサブ的な利用をしています。

バーコード出品はメルカリなどでもできたりしますがでも何と言っても出品スピードは他のサイトに群を抜いて早いのでお手軽なのはうれしいです。

こんなにスピーディーに出品できるならもっと早く知っておけばよかったと思うところです。しかしネックはやっぱり本しか出品できないところ、、、。せどりで得意な分野や商品は人それぞれなので本を扱う方はぜひ利用していただきたいアプリです。

でも僕は残念ながらあまり本は扱っていないのでこのアプリの出番が少ないのがさみしいところです。他の方の話を伺うとせどり商品の書籍というよりも自分の不要な本をブクマ!で販売している方が多いようです。

僕も本は電子書籍より紙派なので文庫本をカバンに入れて待ち時間に読んでいることが多いです。(マンガは電子書籍で読んでお気に入りだけ紙を書います)読み終わった後はたいていブクマ!で売って、また読みたい本をブクマ!で買ったりしています。(my図書館化してますね)

とにかく本を売りたい&書いたいならブクマ!がオススメです。ブクマ!の使い方を検索すると色々な方がブログに書いています。その方々が載せている招待コードでブクマ!に会員登録をすると買い物にも使えるポイントがもらえます。逆に会員登録をすると自分にも招待コードがもらえるので友だちやSNS、ブログに紹介して自分経由でブクマ!に入ってもらえると自分にもポイントが入ります。

コメント